Author Avatar

michinari

0

Share post:

ひざを出す機会は意外と多くあります。
夏場ならハーフパンツを履いたときにひざが出ますし、スカートを着用するなら特に多く露出します。
そのためか、ひざが黒くなっている女性は少なくありません。

ひざの黒ずみは隠すこともできます。
しかし、場合によっては隠せないこともありますし、隠したとしても気になってしまうと思います。
できるだけひざの黒ずみを無くし、黒ずみに対する予防が必要になります。

そもそもひざはどうして黒くなってしまうのでしょうか?
その主な原因となっているのがメラニンです。
メラニンは皮膚の中にある細胞の一つで、肌の色を変化させる作用を持っています。

メラニンはシミなどの原因にもなる細胞です。
例えば顔の場合、シミやくすみ、黒ずみなどは、メラニンが原因の場合が多くなっています。
ひざの黒ずみの場合も同じで、主に増えすぎたメラニンが原因になっているのです。

ただし、ひざを曲げたときに通常の肌と同じ色の場合、メラニンが原因とは限りません。
曲げたり伸ばしても黒くなっている場合はメラニンが考えられます。

それでは、どうしてメラニンが増えてしまうんでしょうか?
実は原因は色々とありますが、ひざの場合は太陽からの紫外線が主な要因になっています。
昼間外出している限り、紫外線は常に降り注いでいます。
体のリズムを整えるためにも必要ですが、浴びすぎると皮膚ガンの原因にもなります。

このような作用を持つ紫外線は、肌に刺激を与えてメラニンの生成を促す効果もあります。
そのため、増えすぎてしまったメラニンが沈着し、ひざの黒ずみになってしまいます。
ひざは意外とデリケートな部分で、少量の紫外線でも大きな影響を受けます。
メラニンも分解されにくく、どんどんひざが黒ずんでしまうこともあります。

特に普段スカートを履いている方、ハーフパンツを着用した際などは注意したほうが良いでしょう。
ひざが出ている間は紫外線を浴びてしまいますので、メラニンが生成されやすい環境になっています。

 

 

 

ひざの黒ずみを治す方法〜黒ずみを消す・とるためのケア方法〜

長く使えるコードバンを愛用しよう
はぐくみオリゴで健康的にダイエット