Author Avatar

michinari

0

Share post:

■原発の恐ろしさ

原発について問題となったのは忘れもしない東日本大震災の時です。
東日本大震災の時の事故、あの時はあんなことになるなんて誰も予想ができませんでした。

福島第一原子力発電所の事故は想像以上に大きくてそして、被害になった方も後遺症などでいまだに苦しんでいる人も居ます。
汚染されてしまった福島県は現在は放射線の除去は進んできてはいるものの、完全に除去されるまではまだ何十年と長い期間が必要です。

近くに住んでいた方も住めなくなってしまい、家はすぐそこにあるのに近寄ることが許されない状況は苦痛でしかありません。
家には大切なものがたくさんありますし、一度帰りたい気持ちも大いにあるでしょう。

ですが、下手するともう一生その家には帰ることができないのです。
放射線の影響により、体に害が出る可能性があるため近寄ることができません。

すべての元凶は自然災害とは言えますが原発が廃止されていたら、放射線が排出されることもなかったのです。
そこで、福島だけではなくて全日本の全ての原発を止めることとなったのがその自然災害の後からでした。

もう再始動されることはないと考えていた人も多かったのですが、2018年頃からまた再始動され始めていきます。

■原発をなぜ再始動するのか?

なぜ、あのようなことがあったのに始動をさせてしまうのでしょうか。
近くに住んでいない人は自分には関係がないと思っているとしか思えないです。

逆に、近くに住んでいる人はまた事故が起こるのかと毎日ビクビクして過ごさなければいけません。
いくら安全性の見直しをして新基準に基づいて稼働をさせているから大丈夫と政府は言っていますが、安心なんて全く出来ないのです。

特に大震災を経験した人達は安心することは絶対にできずにまた繰り返してしまうのではないかと思う毎日です。
新基準とは言ってはいるものの、発電所から半径30キロ圏内の自治体には避難をするための避難計画作りが義務づけられるようになりましたが、実際には第三者がその避難計画がちゃんと避難できるかどうかのチェックはされていないのです。

万が一避難計画が間違っている場合は上手く非難できなくて東日本大震災の時と同じような目に合う人が出てきてしまいます。
メルトダウンは公害ではありますが、公害とは言ってはいられないぐらい危険なものです。
周辺地域に住んでいる人だけではなくて日本に住んでいる全ての人に深刻な被害を与えます。

原発は街中に建てられていることはまずないですよね。
たいたいが人がほとんど住んでいない過疎地ばかりです。
その理由がなぜだかご存知でしょうか?

■反対する人が多いから僻地や過疎地に原発は建てられる

理由としてはやはり反対する人が多いからです。
反対する人が多いので過疎地などに作られています。

そのせいで、その付近の地域の活性化がどんどんなくなってきてるんです。
元々住んでいた人も離れていってしまいには高齢の人ばかりになってきます。

誰もそんな危険なものの近くに住みたくはありません。
ですが、高齢の場合は他に行くところを探すのも年齢的に難しいのでそこに住むしか選択肢がないのです。

地域の活性の衰退という意味でも今すぐに廃止するべき存在です。
日本はプレートの上にある島国なので何年かに1回は震災が来る国です。

いつ来るかもわからずに急に来るので、次回また大震災が起きた時に耐えられる状況なのかというと正直今のままでは耐えれません。
東日本大震災の時に東京電力は事故は想定外の津波のせいと言っていましたが、実際には地震の揺れに耐えられなかったせいではないかと研究者の中で言われています。

■地震の揺れの影響で使用済み燃料プールへの冷却水が洩れている

実際に地震のせいで配管が壊れて水漏が起こったことについて東京電力は認めています。
そうなると、地震の揺れの影響ですでに原子炉に加えて使用済み燃料プールへの冷却水が洩れていることにもなります。
ですが、その点については頑なに認めていないのです。

もし地震のせいだとすると日本中にある全ての原発にも大きく影響されるからです。
耐震性を改めるために工事をしたり、色々と対策をしなければ動かすことが出来なくなります。

それを避けたいがために津波のせいと何度も放映したという説があるのです。
莫大な費用が掛かりますし、何年も稼働させるのに時間がかかるので避けたかったのでしょう。

それでは国民の人は不安でしかないですし、政府を信用することが出来ずに日本の衰退にも繋がってしまいます。
正直に本当のことを話して欲しいですね。

二度とあのような事故が起こらないためにも絶対に廃止するべきなんです。
実際に全部廃止するとなると凄く大変なのは分かります。

すぐには無理ですし、道のりが長くて厳しいです。
ですが、どれほど厳しくても実現してほしいのです。

原発に携わるアトックスの人も仰ってますが、メルトダウンの威力は相当でまた同じことを繰り返してしまうと悲しむ人がたくさん出ます。
命を落とす人だって居ますし、放射線のせいで後遺症が残っている人もいるんです。
そのよな人をこれから二度と出さないためにも廃止をするべきです。

出典:アトックス東京営業所

人々の生活を支える石油
ゴールドは分散投資にも使える