Author Avatar

michinari

0

Share post:

掛け金がとてもリーズナブル

私は全労済を利用しています。
選んだ理由の一つは、掛け金がとてもリーズナブルであることです。

万が一の場合に備えたいと思っていましたが、あまり生活に余裕がないため、高い掛け金を支払うことができませんでした。
そんな時に、全労済のこくみん共済を見つけました。

こちらは毎月少ない掛け金で総合的な保障を受けられる総合タイプから、医療保障タイプ、子供の総合保障タイプ、シニアの傷害補償タイプなどがあります。

私が選んだのは総合タイプです。
こちらは入院・通院から死亡保障までが入っているので、幅広く対応することができてよいと感じたから選びました。
確かに保障金額はそこまで大きくはありませんが、掛け金の低さの割には良いといった印象です。

また、他の会社であれば、こういった条件の時に保障を受けることはできないという細かい条件があることが多かったですが、こちらはそういった条件も比較的少ないのも良いと思います。

せっかくお金を支払っていてもいざという時に利用することができなければ意味がありませんから、条件が緩いことは安心感につながります。

全労済は勧誘がしつこくなかった

勧誘がしつこくないのも好印象でした。
他の保険会社は、資料請求をしたり質問の電話をしたりするときに、非常にしつこく加入を勧めてきた印象でした。
正直じっくりと検討したいと考えているのに即断を迫るような対応はあまりいい印象を抱きません。

しかし、全労済は問い合わせに対して丁寧に説明をしてくれましたし、しつこい勧誘がありませんでしたので、加入希望者のことをしっかりと考えてくれていると実感しました。

保険会社の場合は利益に走っているという印象で、とにかく成果を上げたいのだなと邪推してしまいますが、そのような裏の心がこちらには感じられませんでした。

これが決め手の一つになりました。

年齢に応じて掛け金が変わる方式になっていない

他に良いと思ったのが、年齢に応じて掛け金が変わる方式になっていないところです。
ほかのところは、年齢が上がると加入条件が厳しくなるうえ、毎月の支払額が高くなってしまいます。

その分手厚い保障を受けることができるとはいえ、毎月の家計からの支出の負担も重くなってしまうため、生活を圧迫してしまいます。万が一のために備えたいのは事実ですが、それよりも現在の生活に支障をきたすようでは意味がありません。

しかし、こちらはどの年齢の方でも一定の料金で差別がありません。
したがって、決して若くはない自分でも負担なく支払うことができてよいと思いました。

こくみん共済もそれなりにラインナップは充実

また、保障が薄いとはいえ、こくみん共済もそれなりにラインナップは充実していて、段階に応じて使い分けられるのも魅力に感じます。

総合タイプであれば、一番少ない掛け金のものが1800円で、こちらは保障も少なめになっています。
しかしこれ以外にも、掛け金3600円の総合2倍タイプや、掛け金が5400円の大型タイプがあります。

当然金額が大きくなるほどカバーする割合が大きくなります。
若くて健康な方であれば一番シンプルな総合タイプで良いでしょうし、万が一に備えてそれなりに手厚いサポートを受けたいという方であれば、大型タイプを選んでおくと安心です。

おすすめは医療タイプ

その他、医療タイプという医療重視のものは掛け金が小さくても入院に備えることができますから、交通事故などについては別で賄っているという方が、プラスして備えておくという時に便利であるといえるでしょう。

マイカー共済や交通事故共済など、そのほかにも目的別の共済はたくさん用意されていますので、それぞれの要望に合わせて選択することが可能です。

まさに、いろんな方に対して利用することができるように提供されているものであると評価できます。

毎年少ない額ではありますが、割戻金があります。
全くないよりはうれしいですが、これについてはさほど魅力は感じません。
5月に数百円程度が戻ってくるという印象です。

収入が低い人でも安心して加入できる

全体的には私はこくみん共済に満足しています。
もし今よりも収入が多くて貯蓄に回す余裕がある場合だったら、それを保険にも回して充実した備えにしたかもしれません。

しかし、現在の収入ではそれが無理だと認識しています。
仮に備えに回してしまえば貯蓄そのものを行うことができなくなってしまいますし、生活も現実的に送るのが厳しくなってしまいます。

備えは厚いと安心できるのは確かですが、そればかり重視してしまうと、私のように収入がさほど多くな人間は、現実生活を送るのが厳しく、本末転倒だと思います。

こくみん共済は確かに安い掛け金の分、保険会社の保険と比べるとサポートは薄くなってしまいます。
しかし、少ないながらもそれに見合ったサポートを受けることができるため、妥協点としては良い落としどころだと感じています。

収入が低いと全く備えをすることができないとすれば、それも寂しいことですが、全労済のこくみん共済は、収入が低い人でも無理なく現実的なラインで補償を受けられることは、高評価です。

全労済より引用

雛人形には役割がある
初めて仏壇を買う人も参考になります