Author Avatar

michinari

0

Share post:

出会い系アプリにはサクラがつきものですが、その背景と理由には出会い系アプリそのものが関わっています。
そもそも出会い系アプリはマッチングアプリとは別物で、前者は匿名性が高く、後者は安全性が高いです。
もしかしたらアプリのなかには安全性が高いものの、「出会い系」だと銘打っているアプリがあるかもしれませんが、基本的に出会い系アプリやサイトは男女の出会いをすぐに提供するサービスを目的としています。

マッチングアプリは真剣なお付き合いを優先しているサービス

一方で、マッチングアプリは規約やユーザー確認を徹底的に行い、ユーザーの安全性を確保して真剣なお付き合いを優先しているサービスです。
つまるところ出会い系は遊び感覚の恋愛を、マッチングアプリ系は結婚を前提とした恋愛を運営の方針にしています。
そのためどうしても出会い系のサイトやアプリは運営の管理が甘く、個人が業者を装って運営したりユーザーが犯罪に巻き込まれたり等トラブルが多いです。
場合によっては、サイトやアプリ自体が別のサービスに誘導するための罠だったりします。
マッチングアプリにも悪質なユーザーやトラブルはあるものの、運営の定期的なチェックや通報機能によって事態が悪化する事はないです。
いずれにしても出会い系アプリはその管理の甘さから隙があり、だからこそサクラが暗躍できています。

サクラとは

サクラとは店舗や主催者に雇われたアルバイトたちで、その店舗や主催者が販売している商品やサービスを「いいものだ」と言いふらす偽の客たちです。
いわゆる隠語ですが、出会い系サイトやアプリにおけるサクラとは恋愛目的で使っているユーザーではなく、ポイントを相手に使わせてお金を騙し取ろうとしたりネットワークビジネスの勧誘したりしているユーザーを指しています。
これが先述した意味通り、店舗もといサイト側が雇ったアルバイトたちならマシですが、なかには個人でサクラを行っているユーザーがいるものです。
そうしたユーザーをキャッシュバッカーと言い、男性からのアクションで付与されるポイントを狙って出会う気などないのに、相手とのやり取りを続けます。
出会い系サイトやアプリでのポイントはそのまま景品や現金に交換できるため、サクラをしているユーザーはそのために相手を騙し続けるというわけです。
そうなると当然、サクラはポイント制を実施しているサービスに出没しています。

サクラに騙されてしまう理由について

ちなみに定額制と言い、月額に支払う料金があらかじめ決まっているサービスもありますが、こちらではサクラは少ないものの、その分ネットワークビジネスの勧誘や外部のサイトへの誘導をするサクラが目立っているのが特徴です。
「そんなあからさまなユーザーに騙されないぞ」、そう思っていてもポイントを貢いでしまう被害者は後を絶ちません。
その原因はひとえに思わせぶりな態度がもたらす期待感で、「もしかしたら、今度会えるかもしれない」や「この人を悪く思うのは自分の気のせいかもしれない」といった見なかったふりをしてしまうのが被害を深刻にさせています。
例えばポイント制のサービスでサクラをやっているユーザーはポイントを稼ぐのが目的なので、相手とのやり取りを長引かせなくてはならないです。
しかしその前に相手が自分から離れないように「いい人ですね」をはじめ、「今度、会えるなら会いませんか」や「貴方となら一緒に寝たいかも」などその気がある事をアピールします。
当然ながら目的はポイントであるため、会う約束は絶対にしないです。
たとえ相手が迫ってきてものらりくらりとかわし、メッセージのやり取りが長く続くように仕掛けてきます。

美人や可愛い女の子の顔写真なら食いつく男がいる

「自分が使っているアプリは顔写真が登録されているから大丈夫」、そう思って気を緩めるのは禁物です。
顔写真はサクラなら気にするポイントで、何故なら美人や可愛い女の子の顔写真なら食いつく男がいるからに尽きます。
要するに顔写真は別人の顔で、利用しているユーザーのものだとは限らないです。
実際に登録されている顔写真を検索にかけると、台湾や韓国のネットアイドルなどネット上にある美女や美少女の画像を転用している場合が多々あります。
逆に言えば美人や美少女の顔写真のユーザーは、サクラである可能性が高い証拠です。
同じ理由でプロフィールが理想的すぎるのもサクラである可能性を示しています。
別にプロフィールはシンプルでも構わないものの、充実すればするほど他のユーザーから興味を持ってくれるので沢山書いて損はないです。
けれども当然ながら、そのプロフィールの内容が真実とは限りません。
例を挙げるなら「エッチな男性なら、誰でも好きです」という文章はNGです。

まとめ

男女の出会いである以上、性行為に発展するのは自然ではあるものの、女性にとって性行為は負担がかかるだけでなく、下手をしたら人生を左右しかねない事態をもたらします。
なので女性は性行為には慎重な傾向が強く、たとえエッチが好きだとしても「アブノーマルは嫌だ」など自分の好みを主張するものです。
それがない場合は、一度冷静になって疑ってかかるのが自分を守る方法となります。

 

関連LINK
jメール 退会
【覆面座談会】マッチングアプリを使ってる男子の本音トーク「実績とテクニックを暴露します!」

世界の貧困問題をユニセフとともに考える
後藤社長の太平エンジニアリングの強み