Author Avatar

michinari

0

Share post:

リードワンプロモーション

リードワンプロモーションが考えるタレント育成とは?

今はタレントと言われる人の育成が期待されることになっているという事が言えるのかもしれません。

それもリードワンプロモーションなどの事務所に所属するようなタレントではなく個人で独立して自分の力で生きていくという事を考えているようなタレントが期待されているといってもいいでしょう。

これまではタレントはテレビに出演するという事を考えていたので、必ずテレビに阿るという事をしてきたわけですが、これからはネットという何でも出来る場が出来たことによって、大きくこの業界も変わっていく事になるという事が考えられるのです。

テレビというオールドメディアは将来的には無くなるか、ネットを含む情報源の一つに過ぎないという事になるでしょうから、そこにいつまでもいても何の意味も無くなってしまうという事が考えられます。

何しろネットは24時間情報発信をすることが出来るというわけですから、タレントとしてはこれを利用して自分を売り出す良い機会という事になります。

テレビは自分が出演できる番組で、その番組の意向の中でしか自分をアピールする事は出来ませんが、ネットであれば自由に自分の表現したいことを表現できるという事になるわけですから、これが如何に大きないみをもつことになるのかという事は分かるはずです。

いかにネットを利用するのかという事が重要になる

これからはいかにネットを利用するのかという事が重要になるのかという事であってテレビに阿っても全くいい事は無くなる時代になると考えて良いでしょう。

少なくとも、今の段階の世代というのが高齢者と言われるような時代になると、ほとんどの人がネットを利用して情報を獲得するという事になるので、そのような時代にテレビが選ばれるという事は無くなってしまう事になります。

基本的にテレビが存在しているのは、視聴者がいるからなのですが、その視聴者が居なくなるという事になれば、此処にいても何もメリットはありません。
メディアというモノもネットの普及によって大きく変わっていく事になると考えられます。

基本的にテレビや新聞は不要という事になるでしょうから、まず情報源として消えていく事になると考えられます。

何しろネットは無料で24時間いつでも情報を獲得することが出来て、既にテレビや新聞よりも多くの情報を得られるメディアとなっているわけですから、わざわざ情報量の少なくて時間の決まっている情報源に頼る事はないわけです。

今の若者はテレビを見ないという事をいわれたりするようになっていますが、それは当たり前の選択をすればそうなるというだけの事なのです。

テレビはネットで活躍をすることが出来ない人が仕方なく選んで行くようなところ

その事が分かっていない古い人達が若者は勉強不足だというような事を言うのですが、そのような事は全くなくてもむしろ、そのような事を言う大人たちよりも遥かに多くの情報をネットから獲得して自分なりの判断をするようになっていると考えられます。

ですから、才能豊かな人材が此処から出てくる事になっているというわけです。
既にテレビはネットで活躍をすることが出来ない人が仕方なく選んで行くようなところになったと考えて良いでしょう。

しかも、古い考えの大人たちが牛耳っているので、そのようなところから面白い情報が出てくる事はありません。
そのため、ますますこれから衰退していくという事は間違いないでしょう。

その事は既に若者も十分に理解しているので、これからはネット社会となるという事を感じていてテレビなどを見ることがないようになっているわけです。
そして、このような若者たちの中から才能に溢れた人材が多く出てくるという事も期待されています。

ネット上では圧倒的な人気を獲得してしまうということも・・・

これらの人々は自分でファンを獲得して、自分で人生を切り開いている人達ですから、オールドメディアの様な固定観念に縛られるような事はありません。

テレビはこうでないといけない、新聞はこうあるべきというような考え方は全くなくて、自分のやりたいことをして成功したという成功体験がありますから、そのまま自分のやりたいことをするという事が出来てしまいます。

それが世間に受け入れられやすいものだという事は、その人達のファンが多いという事を見れば一目瞭然で分かるという事になるでしょう。

絶対にテレビでは出てこられないような人がネット上では圧倒的な人気を獲得してしまうという事があります。
その為、最近起きているのがネットで人気となってテレビでも紹介させるというようなケースです。

そのような人はテレビでも活躍をするのですが、自然にネットに戻っていくという事にもなっています。
これはやはりネットという方に将来性を感じているからという事が言えるのでしょう。

既に既得権益に占領されて硬直化したオールドメディアでは、こうした新しい考えの人達を受け入れられるだけの容量はありません。
物珍しいという程度の紹介をするだけで、その本質を理解してはいないと考えて良いでしょう。

既にネットでそれだけの力を持っているという事は、オールドメディアなどでは獲得することが出来ないレベルの影響力を持っていることになるのです。

哲学は世間が思っている程難しくはないと矢口氏は言う
UNICEFはどんな組織?その活動内容は?