Author Avatar

michinari

0

Share post:

進学や就職などで一人暮らしをする事例はもちろん、家族でも生活がしやすい賃貸物件に入居する事例では家賃の支払いが滞ってしまった場合を想定し、連帯保証人を用意する必要があります。
連帯保証人を用意しておけば、家賃が支払えなくなったとしても連帯保証人が支払う事により支払いが届こってしまう事を防げるようになるのですが、今日では親もしくは親戚に連帯保証人に関する話をし難いと感じている方や、親が高齢であったり定年退職を迎えていて連帯保証人になれないという事例が増加傾向です。

 

家賃保証会社の役割

以前に比べて連帯保証人を用意する事が難しくなってきている様子から、利用事例が増加してきているのが家賃保証会社であり、利用していれば家賃が支払えなくなった時に大家さんに対し建て替えて支払いをしてくれます。
安心感を持って賃貸物件に入居して生活が送れるようになる上に、物件を探す時の選択肢も増やせるので賃貸物件にて生活をする際にはとても頼もしい存在になりますが、利用する際には審査を受ける必要があるため審査自体や必要な物などについて予め理解しておきましょう。

審査における書類審査において行われるのは職種や雇用形態、勤続年数や年齢、収入などの確認であり安定的な支払能力について目が向けられるので公務員または勤続年数が長い正社員であると審査に通過しやすいです。
提出する書類の中にはこれまでの支払いに関する様子に関する書類もあり、特に滞納に関する履歴についてはしっかりと確認が行われます。

提出する書類の全てに共通しているのは提出期限までに提出が間に合わなかったり、記載されている内容に不備が生じていると印象が悪くなってしまう事なので、書類の内容や取扱方によって審査の結果に影響が及ばないように余裕を持ちつつ隅々まで確認する事が重要です。

 

家賃保証会社を利用する時の注意事項

書類の内容などによっては審査が保留になったり、追加で書類を提出するように求められる事もありますが、審査の保留や追加で書類の提出を求められる事は審査に落ちてしまう事とは異なるため、指示されたように行動しましょう。
また、家賃保証会社を利用する時には利用者のみの情報を確認するのではなく、利用者が入居を希望している賃貸物件または管理会社に対しても確認が行われます。

利用者に関しては支払能力があると判断されても、支払能力を上回る家賃が高額な物件を希望している時には家賃の支払いが滞る可能性が高いため、1ヶ月間の収入において3分の1が家賃として支出できるかが判断されます。
契約が正しいものである事を判断すべく審査の段階では本人や緊急連絡先などに対して電話連絡が行われ、電話では家賃保証会社を利用した事の確認と連絡先の確認が主です。

電話連絡が行われた後に審査の結果が判明しますが、審査に通過する事ができなかったものの入居を希望している物件について諦められない場合は、再交渉を行ってみる事も可能です。
審査の中には条件付きでの審査承認が存在しており、用いると敷金を上乗せして支払ったり連帯保証人を新たに追加する事により審査承認が得られる事があります。

 

家賃が支払えなくなった場合

こうした家賃保証会社を契約し賃貸物件にて生活をしている時に家賃が支払えなくなった時には、電話または訪問で家賃を支払うように連絡が入ります。
滞納してから1ヶ月間が経過すると内容証明郵便という郵便物で契約解除に関する予告状が届くのですが、内容証明郵便であるが故に受け取った時点で内容確認が行われた事になります。

内容証明郵便が手元に届いて2ヶ月間から3ヶ月間が経過した頃、契約解除や明け渡し請求などの書類が郵送されるのと共に契約解除となります。
このように様々な書類が手元に届きつつ契約に纏わる手続きが進められる事になりますが、家賃が支払えなくなってしまった時に大切なのは正確な情報を伝える事です。

お金が用意できるわけではないのにも関わらず特定の日にちを伝えて約束すると印象を著しく悪くしてしまうため、家賃保証会社との間で支払いについて約束をするのならお金が用意できてきっちりと支払える日にちを伝えつつ、これまでに滞納している分も纏めて支払うと伝えるようにしましょう。

滞納が発生した時には担当者からの電話と共に訪問も行われる事例が多いですが、訪問が行われた時にはしっかりと応対し誠意を見せるようにする事が大事ですし、利用者から企業側に対して連絡をするのであればメールではなく電話を利用して口頭でお話した方が誠意が伝えられます。

 

全保連によるまとめ

このような家賃保証会社は、賃貸物件に契約する方の他に不動産経営をしているオーナーにとっても頼もしい存在なのでオーナーにも支持されていますが、サービスを利用する時には各企業が展開している保証内容に関して目を向けて選ぶとより良いです。
保証内容は大きく分けると滞納保証や一括借上げ、空室保証の3つなので有している物件における状況と照らし合わせた時により適するものを選べば不動産経営における安心材料になります。

全保連烏川より抜粋
 

前田氏が考える今年のゴールデンウィーク
ゴミ屋敷の片付けは専門家に任せるのがベスト